オートリンク  AutoLink

手洗い洗車が有名な福井県敦賀市にあるクルマ屋さん。“笑顔、つながる。オートリンク”

HOME ≫ エンジンオイル・エレメント ≫

エンジンオイル/エレメント

エンジンオイルって何?

引用:『日本自動車整備振興会連合会 HP内 ユーザー説明資料集』 より

エンジンオイルはエンジンの中に入っている
オイルの事です。

車種によって使う粘度、量が変わります。

 

どんな役割?

エンジンオイルの役割は、『潤滑』と『冷却』

もちろん潤滑と冷却以外にも大事な役割はあるんですが、
とりあえずコレだけは覚えておいて欲しい!という事を説明します。


そしてエンジンオイルは『交換が必要』です!

エンジンオイルの役割 『潤滑』

エンジンオイルの役割の潤滑についてですが

エンジンは金属の塊なのでオイルで滑りを良くしないと
すぐに壊れてしまいます。

なのでエンジンオイルとは文字通り
「エンジン(の滑りを良くする潤滑)油」という訳です。

コレがエンジンオイルの役割の1つです。

もちろん新車で買ったらエンジンオイルも新品です
でもエンジンを動かしたり、ずっと放置していると
劣化してしまいます。

もし古くなったオイルのままだと
滑りが悪くなったり、量が減って金属どうしが当たったりして
エンジンから変な音がしたり、壊れる原因になります。

なので定期的な交換が必要になります。


エンジンオイルの役割 『冷却』

エンジンオイルの役割の冷却についてですが

エンジンは燃料を爆発させて動くので
とっても熱くなります!

それを冷ますのもエンジンオイルの役割の1つです。

潤滑同様に古くなったオイルのままだと
この冷却がうまく出来無くなります。

そうするとオーバーヒート(熱くなりすぎる事)してしまいます
こうなるとエンジンから煙が出たり、壊れて動かなくなります。

こちらに関しても、定期的にオイルを交換すればまず大丈夫です。

エンジンオイルの交換時期

エンジンオイルの役割でも書いた通り
定期的な交換が必要です。

なら、どの位で交換したらいいの?
ってなりますよね

目安としては、3,000〜5,000km走行するか
半年に1回というのが一般的です。
もちろんそれまでに交換しても、少し超えてから交換しても問題ありませんが
あまりに目安を超えるとエンジンが悪くなるので気を付けて下さい。


エンジンオイルエレメント

引用:『日本自動車整備振興会連合会 HP内 ユーザー説明資料集』 より

エンジンには『エンジンオイルエレメント』というものがあります
簡単に説明すると、エンジンオイルのろ過装置(フィルター)です。

コレが無いとエンジンオイルはものすごく早く悪くなります!

もちろんオイル同様に定期的な交換が必要です
目安としては、オイル交換2回に1回です。

つまり
「前のオイル交換の時に、エレメントも変えたから今回は大丈夫!
でも、次は変えなきゃ」
といった感じに覚えておいてください。

ただし、オイルの交換時期を越えすぎると前回変えていても
交換が必要になるので注意が必要です。

もしも異常が出た時

分かりやすい異常として
・燃費が悪くなってきた
・エンジンから変な音がする
があります。

オイルが劣化しエンジンの働きが悪くなると
燃費が下がり

オイルが劣化したり量が減るとエンジン内の部品が
擦れて音がします。

このまま使い続けるとエンジンが壊れる原因になります。

代金

異常が出て、それを直す場合の代金がこちらです。

・エンジンオイル交換 : オイル代(車種毎に変動)+工賃500円(税別)
・エンジンオイルエレメント交換 : 部品代(車種毎に変動)+工賃500円(税別)

料金 一例

乗用車
ボルボ :  V50
作業内容
エンジンオイル・エレメント 交換
価格
税込 10,152円



軽自動車
ホンダ :  ゼストスパーク
作業内容
エンジンオイル・エレメント 交換
価格
税込 5,400円



※価格はあくまでも過去のデータです。
車種が同じでも年式によって変動があります。